S b953c14c80d01b0921279dedf6b9db80 自己マスタリー

定義

英:Self Mastery
『最強組織の法則』と『モチベーション3.0』で紹介されている、社員のモチベーションを向上し「学習する組織」を構築するための原理である

これからのビジネスパーソンに必要な姿勢であり、企業が社員を支援すべき要素である。

個人が自己の将来像と現状との落差を見すえ、積極的に学ぶようになる過程のこと。「マスタリー」は英語で「熟達」を意味する。

出典:http://kotobank.jp/

スポーツにしても学習にしても、「XXXで優勝」、「競合XXXを打倒」、「XXXに合格」といった目標は設定しやすい。しかし、これら目標は、その目標が実現できてしまった時、頂点に達したとき、目標を見失いかねない。

これら目標のターゲットは他者であるが、自己マスタリーのターゲットは自己である。克服すべきは自分である。常に修練し、高みを臨む姿勢、絶え間ない向上心、それが自己マスタリーである。

自己マスタリーの例

プロ野球のイチロー

連続して最多安打を達成している。彼にとって他者は目標とは成りえない。毎年、毎年、それまでの自分を克服することが、イチローにとっての目標である。自己マスタリーの代名詞と言ってよいだろう。
・---

レイ・クロック

未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端、腐敗が始まる。

出典:『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝』
これが、レイ・クロックが75歳の時の言葉である。まさに自己マスタリーを表す名言と言ってよい。

自己マスタリーの二つの基本的な活動

1.自分にとって何が大事かをつねに明らかにしつづけること
2.どのようにすればいまの現実の姿がもっとはっきりと把握できるようになるか、学習しつづけること。
出典:『最強組織の法則』

mindiaと自己マスタリー

知的な自己マスタリーの精神のある者(知的向上心のある者)に、mindiaは向いている。

編集履歴

・2012.02.04 レイ・クロック追加
・2011.02.19 初稿

もしかして

    他の人の「自己マスタリー」

    S b953c14c80d01b0921279dedf6b9db80

    Future Center/R&D/Knowledge Management/Wiki/EGMフォーラム/読書家/思想家/語り部/探検家/歴史/作家志望/ 時々仮説・持論を独白します。突っ込み歓迎。

    最新

      最新エントリ

        関連ツイート