S b953c14c80d01b0921279dedf6b9db80 印刷革命

イノベーション史の骨子

・テクノロジーの発明・科学上の発見
・オートメーション
・イノベーション

テクノロジーの発明・科学上の発見

1444年、金属加工職人である独ヨハネス・グーテンベルクが活版印刷技術を用い、商業印刷事業を開始した。それ以前に、グーテンベルグは活版印刷技術を開発していたことになる。実際に彼が発明者であるかどうかというのは論争がある(Wikipediaによる)

オートメーション

活版印刷登場以前

それまでの聖書は、教会・修道院による模写によって作られていた。聖書は教会の外に持ち出すことが禁止された。聖書の内容は聖職者の口上のみによって知ることができた。聖書を所有することにより、教会・聖職者は権威を保つことができた。

大量印刷・出版の時代の幕開け

1455年、活版印刷機を用い、旧約・新約聖書を印刷した(いわゆる「グーテンベルグ聖書」)。印刷技術の出現により、大量印刷(出版)が可能となり、多くの人が書物を手に入れることができるようになった。

イノベーション

大量印刷は爆発的に知識を普及させた。

・書物を手にいれたことにより、聖書・地動説・君主論などを読書することで、知識が爆発的に普及した。

宗教改革への発展

・1517、マルティン・ルターによる宗教改革が始まった。なぜ宗教改革が可能になったのか。それは人々が既に聖書を手に入れ、宗教に対する正しい知識(インテリジェンス)を手に入れていたからに他ならない。庶民が聖書を手に入れたことによって、それまで聖書を独占していたローマ・カトリック教会の権威は失墜した。

カトリック教会の宣教:大航海時代へ

・宗教改革の影響は思わぬ展開となる。大航海時代の幕開けとともに、宗教改革に押されたローマ・カトリック教会は、世界へ宣教に出る。1549年、いよいよ日本へキリスト教が伝来する。

ピューリタンらによる市民革命

・1642年、英国では人類史上初の市民革命となる清教徒革命(ピューリタン革命)が起こる
・それ以前、英国のプロテスタントの一派、ピューリタンは弾圧を逃れ、1620年アメリカに渡る。1776年、アメリカはイギリスからの独立を果たし、さらに飛び火をして、フランス革命へと繋がった。

結論

印刷技術により人々は知識を手に入れ、宗教改革を経て市民革命へと繋がった。単に技術があっただけでもなく、大量印刷というオートメーションだけでもなかった。300年以上かけて宗教体制・政治体制をひっくり返したイノベーションだったのである。

負の見方「情報漏洩」

・カトリック教会側にとっては、聖書の大量印刷は教会の権威を蔑ろにする「情報漏洩」に他ならない。
・ガリレオ・ガリレイの提唱する「地動説」も書物により社会全体に知れ渡るようになった。「地動説」は教会の権威を蔑ろにするものであり、ガリレオ・ガリレイは宗教裁判にて有罪判決を受けた(1633年)。無罪逆転したのは1992年である。

年号

黎明期

・1444年 グーテンベルグ、印刷事業を開始した。
・1455年 旧約・新約聖書を印刷した(「グーテンベルグ聖書)。
・1510年~1514年、コペルニクスが「コメントリー」(地動説)を書いた。
・1513年、マキャベリが「君主論」を書いた。

宗教改革始まる

・1517年 ルターによる宗教改革

大航海時代へ

・1543年 ポルトガル人来日、鉄砲伝来

カトリック教会による弾圧

・1620年 ピルグリムファーザーズ(清教徒の米国への移住)
・1633年 ガリレオ・ガリレイ、ローマ教皇庁により有罪判決(カトリックによる知識人の弾圧)

市民革命への展開

・1642年 イギリス清教徒革命
・1775年 アメリカ独立戦争
・1789年 フランス革命

知識革命の体系

・第一次知識革命:人類史上初の百万人都市
第二次知識革命:印刷革命
・第三次知識革命:電気通信革命
・第四次知識革命:放送革命
・第五次知識革命:IT革命

改訂履歴

・2010.01.30 「情報漏洩」を追加、いくつか微修正
・2010.08.06 年号を追加、イノベーションの分類改編
・2010.01.30 初版 テクノロジー・オートメーション・イノベーション

もしかして

    他の人の「印刷革命」

    S b953c14c80d01b0921279dedf6b9db80

    Future Center/R&D/Knowledge Management/Wiki/EGMフォーラム/読書家/思想家/語り部/探検家/歴史/作家志望/ 時々仮説・持論を独白します。突っ込み歓迎。

    最新

      最新エントリ