S eda1a14b50ee24bcab19b62f40858e76 PHPをソースからインストール

必要なモジュールを入れる(なかったらconfigureかmakeでないよって言われる)
$ sudo yum install httpd-devel flex libxml2-devel \
libpng-devel mysql-devel libjpeg-devel libmcrypt-devel

こんな感じで
$ ./configure \ 
        --prefix=/usr/local/php-5.2.10 \
        --with-apxs2=/usr/sbin/apxs \
        --enable-cli \
        --with-gd \
        --with-jpeg-dir=/usr/local \
        --with-png-dir=/usr/local \
        --with-gd \
        --with-zlib \
        --with-zlib-dir=/usr/local \
        --with-openssl \
        --with-config-file-path=/etc \
        --with-libmbfl \
        --with-mcrypt \
        --with-mime-magic \
        --with-mysql \
        --enable-pcntl \
        --enable-zend-multibyte \
        --enable-mbstring \
        --enable-gd-native-ttf \
        --enable-gd-jis-conv \
        --enable-exif \
        --enable-pdo \
        --with-pdo-sqlite \
        --with-pdo-mysql \
        --with-pear

参考:
中心となる configure オプションのリスト
http://php.he.net/manual/ja/configure.abou...
PHPのconfigure
http://d.hatena.ne.jp/vector_xenon/2009022...


あとはmake, make installするだけだけど、パッケージ管理してるのでそのままinstallはしません!
RPMから入れます。

RPM作成する

rootではやらない方がいいとのこと。
一般ユーザでやるため、出力ディレクトリの設定する。

~/.rpmmacrosに
%_topdir $HOME/rpm
$ mkdir -p ~/rpm/{BUILD,RPMS,SOURCES,SPECS,SRPMS}


PHPにはmakerpmというスクリプトがついてくる。
・./configureは書き換え
・CGI関係は全部コメントアウト
・最後のrpmをrpmbuildに変更
・Copyright -> License
・ベースディレクトリを変更
で実行するとRPM作成できる。

参考
http://blog.rakugaki.jp/archives/20081222,35.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/li...
http://www.stackasterisk.jp/tech/systemMan...

rpm作成できたけど、phpizeに合わせる設定がめんどくさい!
結局某所のRPMで入れました。

まぁでもRPMの仕組みとかなんか色々勉強になった。

もしかして

    他の人の「PHPをソースからインストール」

    S eda1a14b50ee24bcab19b62f40858e76

    無所属ソフトウェアエンジニア

    (1722words)

    最新

      最新エントリ